発行の流れ

事前準備(事前にご用意いただくもの)

  1. メールアドレス
  2. 各種免許証等の画像(jpeg又はpng形式、最大容量4MB)
    • 【建築士の場合】建築士免許証または建築士免許証明書の画像
      (建築士登録番号が読み取れるもの)
    • 【不動産鑑定士の場合】不動産鑑定士登録通知書または不動産鑑定士登録証明書の画像
      (不動産鑑定士登録番号が読み取れるもの)
    • 【その他】各種公的資格証明書、身分証明書(保険証、運転免許証、パスポート等)※
      ※:別途お問い合わせください。

1. 本ウェブサイトの利用者の義務をご確認ください。
利用者の義務についてはお申込みをご参照ください。


3. 送られたメールに記載されているワンタイムURLから、本申込フォームへログインしてください。
2.のフォーム送信後に入力したメールアドレスへワンタイムURLが記載されたメールを送ります。
そのURLにアクセスし、本申込フォームへログインしてください。
4.本申込フォームに必要事項を入力してください。
また、送信前に配布状がダウンロードできますので、必ずダウンロードして保管してください。
配布状には電子証明書のインストールに必要なPKCS#12PIN(パスワード)が記載されています。
5.入金をお願いします。
4.のフォーム送信後、松本商工会議所より請求書をお送りします。入金完了を以ってお申込みとなります。(※未入金の場合、電子証明書を発行することはできません。)
6. 弊所での審査
入金確認後、弊所で内容の審査を行います。(※審査には通常1週間以上要します。)
7. 電子証明書を発行し、メールにて送付いたします。
審査完了後、電子証明書を発行し、メールにてお送りいたします。
8. 電子証明書をインストールしてご利用ください。
電子証明書を利用する為には4.でダウンロードした配布状記載のPKCS#12PIN(パスワード)が必要です。
配布状は大切に保管してください。
※インストール手順については『JIPDEC インストールガイド(外部ページ)』をご参照ください。

MCCI電子証明書サービスから送信するメールについて

MCCI電子証明書サービスでは、各種通知・連絡等にメールを送信することがあります。
その際はなりすまし防止のため、原則として電子署名を付けて送信しています。

昨今はなりすましメールが増えております。
なりすましと思しきメールを受け取った際は、以下の点についてご確認ください。

MCCI電子証明書サービスからのメールを受け取った時に

電子署名が付いていることを確認してください。

MCCI電子証明書サービスから送信するメールは全て電子署名を付けて送信しています。電子署名がついていないメールについてはなりすましメールの恐れがあります。

電子署名の検証を行い、セキュリティ警告が出ていないことを確認してください。

セキュリティの警告が出る場合、電子署名に問題があるか、メール内容が改ざんされている恐れがあります。また、電子証明書には有効期限があり、それが過ぎている場合にもセキュリティ警告が表示されます。

送信者アドレスが『jcan-secretariat@mcci.or.jp』であることを確認してください。

当システムのメールは『jcan-secretariat@mcci.or.jp』から送信しています。この送信者でない場合はなりすましメールの恐れがあります。

但し、送信者については比較的簡単に偽装が可能です。その他の内容と併せて真偽をご確認ください。

システムから自動送信されるメール件名一覧

  • 【申込時】 MCCI電子証明書サービス 〇〇画像アップロードURL
    (〇〇にはその資格証明書類の名称が入ります。)
    本申込フォームのURLが記載されています。
  • 【本申込時】MCCI電子証明書サービス 登録内容確認
  • 【請求時】 MCCI電子証明書サービス 請求書
  • 【審査完了】MCCI電子証明書サービス 審査完了のお知らせ
  • 【失効時】 MCCI電子証明書サービス 失効のお知らせ

上記の他、入力内容の確認などでメールを送信することがあります。