電子証明書の概要

電子証明書とは、信頼できる第三者機関が発行する電子的な身分証明書です。これによって正しく本人であることを証明することが出来ます。

 

上の図のように、電子データにこの電子証明書で署名をすることにより、なりすましを防ぐことが出来ます。
また、悪意のある第三者に改ざんされても、それを検知することが可能です。電子申請や電子商取引などの他、設計図書への署名にもご利用頂けます。

電子証明書の活用

・インターネットにおける4つのリスク

インターネット上で取引・契約などを行う場合、様々なリスクが考えられます。
代表的なものとして、以下の4つが挙げられます。

「盗聴」・・・・・インターネット上でやり取りされる情報を盗み見られる。
「なりすまし」・・他人を騙って様々な行為を行う。例:フィッシング詐欺
「改ざん」・・・・第三者によって文書の内容が書き換えられる。
「事後否認」・・・取引相手が取引後に内容を否定・改ざんすること。

電子証明書を用いることによって、これらのリスクを防ぐことが可能です。

・電子署名

メールやファイルに電子的な署名を付けることにより、その文書が「電子署名を行った本人により作成され」「その後改ざんされていない」ことを証明できます。
これにより、「なりすまし」「改ざん」「事後否認」のリスクを防ぐことが出来ます。
電子申請などを行う際、多くの場合本人確認の為の電子署名が求められます。

・暗号化

電子証明書により、文書(メールやWordファイル等)の暗号化が可能です。
暗号化された文書は電子証明書を持つ者にしか復号(元に戻す事)できません。
この為、「盗聴」されたとしても、盗聴者には文書を読むことが出来なくなります。

当サービスについて

当サービスでは建築士用JCAN証明書を発行します。
この電子証明書を使って電子署名をすることにより、「建築確認電子申請」を行うことが出来ます(※)。

※:指定確認検査機関によっては使用できない場合もあります。
  当サービスをお申込み頂く前に、必ず申請先の指定確認検査機関に使用可否をご確認ください。

電子証明書の取得法および流れについては下記のページも併せてご覧ください。